お灸と腰痛について

あなたは、お灸をやっていますか!?お灸をやっている高齢者を見たことがありますか!?自分の家におじいちゃんとか、やおばあちゃんがいたと言う人は、一度くらいはお灸を見たことがあるかもしれませんね。(笑顔)

普通の人には殆どなじみのないお灸だと思います。(苦笑)。お灸が腰痛に効くと言われてもそんなにピンときませんよね。お灸の効果と言うのは、どのようなことなのかを理解するには、ツボのことを知らなければなりませんよ。(笑顔)言い換えると、つまり、ツボを刺激することがお灸なのです。ツボは全身の体に影響を与えると言います。ですから、体中の病気をお灸で治すことも可能と言えます。さて、腰痛に効果のあるお灸と言うことですが、そのやり方を少し紹介しましょう。まず、お灸をする時についてです。お酒を飲んだりだとか、熱があったりする場合、お灸はやめておきましょうね。

また、入浴後1時間は避けた方が良いですね。(笑顔)やり方を間違えてしまうと、やけどしたりすることもあります。あまり熱い時は、途中でやめることですね。当然お灸をすると、その部分が赤くなります。ですから、露出するような目立つ所は避けた方が良いでしょう。お灸の材料の「もぐさ」があります。お灸をします。

<具体的なやり方について>

それえお参考にすると良いですね。※手の甲の骨の部分に腰腿点と言うツボがあります。そうすると腰や足に効果があると言います。(笑顔)。