AGA遺伝子検査を元に対策をしたら効果を感じました

AGA治療に興味があるけど何科なのか分からないという人もいると思います。

AGA治療は基本は投薬治療ですからプロペシアという内服薬を処方してもらうのなら内科か皮膚科になります。

ただし、病院によってはプロペシアを処方してくれないところもありますので受診の前にホームページなどで確認をしたほうが確実です。

又、一般病院のお医者さんはAGA治療が専門に行っているわけではありませんのでAGA専門のクリニックのほうが専門性が高いのは間違いありません。

中には、調剤薬局で買うよりずっと安い価格で薬をで処方してくれるところもありますしメソセラピー治療も受けられるクリニックもあるので専門クリニックの受診をお勧めします。

AGA治療に本気で取り組む方は日々の食生活にも気を付けることが大事です。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりでは偏った栄養バランスや塩分過多は血行不良の原因にもなります。

日頃から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂り亜鉛もしっかり摂って抜け毛や白髪の予防に努めましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれており亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックス効果もあるためストレスにも有効です。

AGA治療にはプロペシアという飲み薬や塗り薬のミノキシジルが使用されます。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋を発行してもらわなければ買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医師の診察は不要なので医師の診断が無くても買う事ができます。

ミノキシジルにはミノタブと呼ばれる飲み薬もありますが国内では塗り薬だけがAGA治療薬として認可されています。

ミノキシジルの飲み薬はインターネット個人輸入が可能ですが品質や安全面を考えると決してお勧めすることはできません。

AGAは遺伝により発症しますので個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療はあくまで症状を食い止めるための対症療法にすぎないので根本的に完治するものではないのです。

ですから、AGA治療を中止や休止すると再び脱毛や薄毛を発症して、次第に進行してしまいます。

とはいえ、AGA治療にも副作用が起りますからずっと使い続けるのも心配がありますし治療費もかさみます。

ですから、一定のところまで薄毛が改善したと判断できたらAGA治療を途中でやめるという判断をするのも必要です。

AGAの治療は保険適用外ですから費用は全額自己負担になってしまいます。

日本でAGA治療が開始された時は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用が掛かってしまうのが普通でした。

保険適用外の医薬品はドラッグストアで売っている市販薬と同じ扱いなので値段は各販売店で自由に設定することができます。

そのため、処方してもらう薬品であっても価格差が生じ店によっては数千円の価格差があったのです。

また、診察を受けなければ処方箋を出してもらえないため再診料や診察料もかかることも忘れないで下さい。

AGA治療で用いられるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛といった副作用を起こす可能性があります。

念願の毛が生え始めたのに抜け落ちてしまうというのは薬が合っていないのではないかと不安になってしまいますね。

参照:【AGA遺伝子検査の目的やメリットは?】費用はどのくらい?

しかし、初期脱毛は薬が効いてきている証でもありますので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後、健康な髪の毛が生えてくるようになります。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症すると言われミノキシジルをでも同様の副作用があります。

AGAは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活にも大きく影響されると言われています。

人の体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人は血流を改善させることを心がける必要があります。

ストレスなどは血管を収縮させてしまうので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取も血管を収縮させる大きな要因です。

頭皮がうっ血してしまっている人は血流を改善するために頭皮マッサージ等を行うのがおすすめです。

AGAのコマーシャルに出ていた最初の芸能人はお笑いコンビの爆笑問題でしたね。

コマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

AGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGAの治療中と公言している芸能人の方も増えましたよね。

俳優さんやロックシンガーの方が育毛剤などのCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出すハードルはかなり低くなりました。

最近ではフサフサな人がCMに起用されているので育毛の必要性のなさに違和感が拭えませんが薄毛の人が起用されると、効果を疑ってしまうのかもしれませんね。

AGAは遺伝により発症しますから根本的に完治できるということはありません。

AGAになる人は遺伝子を引き次いでしまっているので遺伝子レベルの治療をしない限りは完治しません。

従って、AGA治療をやめてしまえば脱毛や薄毛は、再び進行してしまうのです。

そうは言っても、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルも医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのはいかがなものかと思います。

飲み薬であるプロペシアは男性ホルモンを抑える薬ですからライフステージの節目がやめどきだと思います。

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に現れる髪の毛が薄くなってしまう症状のことを指します。

薄毛や脱毛は昔から男性のテーマだったようでこれまでに数多くの育毛剤が生み出されてきました。

ここ数年でやっと医療機関による治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

されど、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも症状が改善する確率はグンと高くなりました。

ですが、悲しいかなAGA治療とは対処療法となりますので、治療を中止してしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

インターネットでAGA治療について検索すると画像付きで経過報告をしているブログなどを見つけることができます。

大半の方は、治療開始から3ヶ月程で効果が表れてくるようで、定期的に写真を公開してくれているので育毛具合がよくわかります。

中には疑わしいサイトもありますが経過だけでなく、費用や薬を紹介してくれているサイトもあるので非常に参考になります。

AGA治療で、初期脱毛が起こることもあるので体験談などが記載されていると安心できますね。

AGAに関するサイトは、アクセス数が多いことからそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのでしょう。