形見分けの着物を高く売るなら?

友達が話していたのですが、祖母から形見分けで譲られたお着物を自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかといろいろな人に聞いていました。
傷んでいるところも何カ所かあるそうで、買い取りできないこともあるのかななどと、いろいろ考えているみたいです。
まあ、次の買い手がつく品でないと業者も買い取らないでしょうね。
明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。
何人かの話を聞いて、友達は買取を止めることにしたようです。
着物のブランドはたくさんありますが、そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば高級品に格付けされる産地の品です。
たとえば大島紬、本場黄八丈のような着物好きなら持っていて当然と言える有名な産地の着物は古くても価値があるので高値がつく可能性は高いでしょう。
お着物の状態がいいことは前提条件で、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことは着物買取の常識です。
リユースで古着に抵抗感がなくなってきたせいもあり、お着物買取を専門にするところが増加する傾向にあります。
業者はネットで簡単に探せますが、一番心配なのは、買取にみせかけて、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった不法な商売を行っている業者もないわけではありません。

スピード買取.jpの着物買取評判は?相場価格調査!【高額で売る】