探偵と便利屋の違いとは?浮気調査のすすめ

探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。

答えはノー。

この二者にははっきりとした法制度上の違いがあることにお気づきでしょうか。

個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵業は個人であろうと法人であろうと、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って開業届や誓約書等を出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。

管轄官庁による管理が必要なほど依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。

困ったことにダンナの浮気は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。

私と結婚する前から、相手も複数。

常習だったんですね。

終わったものまで糾弾する気は既にありません。

浮気癖は直らないって言いますよね。

本能なんでしょうか。

まさか、ですよね。

一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす自信もまったくないですし、いいかげん別れるしかないでしょう。

パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが有効です。

たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちは悪いことをしている感覚はあまりないというパターンが多いです。

慰謝料請求という現実を見せることで、事態の深刻さを自覚させるわけです。

探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは不倫(の疑い)の素行調査です。

不審な行動があるので、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、はっきりとした裏付けをとるためにも仕事慣れした探偵に頼むのが賢い選択でしょう。

一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、かつては無線発信機を使用していたのですが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、昔の発信機と違って対象車両の追跡に効果を発揮しています。

近頃のGPSは精度も高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。

GPS を取り付けることができれば調査の精度はさらにあがります。

浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも個人情報を教えるのは気が進まないと思うのはよくあることです。

相談して仮見積りを出すところまではおおまかな情報のみでOKという探偵社が現在では増えています。

しかし、いざ依頼するとなると契約書を交わすことになりますから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは避けられないでしょう。

調査業務で探偵を雇うときは、とりあえず電話をかけます。

心配なら非表示でかけるのもOKです。

相談に応じる職員の態度などを参考に、細かく相談したいと思ったら、営業所に行きます。

話が済んで納得したら契約書にサインして、調査が始まります。

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、無料で相談してみると安心で良いでしょう。

裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、いきなり知らない相手に個人情報を伝えて調査してもらうのは、やはり無理があります。

リスク軽減のために、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。

ほんの出来心であろうと、不貞行為には違いないのですから、その対価は高くて当然です。

まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで大きな差が出てくるとは思いますが、単純に離婚されるだけではなく、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。

軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、金銭的にも社会的にも代償を支払い、償わなければいけないのです。

探偵の仕事といえば、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。

密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を追い、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。

調査していることがバレることはほとんどありませんが、探偵は調査対象者の行動をある程度、見越しておく必要があります。

どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが探偵の業務です。

相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。